【オーマイボス】1話のネタバレあらすじは?みんながキュン死したシーンまとめ

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

2021年1月12日からTBSにて放送された、上白石萌音さん主演の新ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』

2020年に大きな話題を呼んだ、同じく上白石萌音さん主演のドラマ『恋はつづくよどこまでも』のスタッフが再集結して制作された、オリジナル脚本ドラマです。

平凡女子の主人公・鈴木奈未(上白石萌音)が就職先の鬼上司・宝来麗子(菜々緒)と、ある日出会ったイケメンカメラマンの潤之介(玉森裕太)の2人に振り回されながらも、仕事と恋愛の両方を充実させていく物語。

1話の放送直後から胸キュン必至のストーリーに、SNSではキュン死した人が続出していると話題になりました。

シネマちゃん

それ見たー!!子犬系イケメンを演じる玉森くんがたまらないって♡
でも最近忙しくてまだ見れてないのよ…。見逃し配信はやってるのかな?
『オーマイボス』の見逃し動画ならParaviで配信してるよ!

コムくん

 

『オーマイボス』をリアルタイムで見られない人や、うっかり見逃してしまった人は、「Paravi」の登録がおすすめです!

今回は、『オーマイボス』をまだ見ていない人のために、1話のネタバレあらすじを詳しくご紹介します。

\2週間無料でお試し/ 

今すぐParavi【公式】で無料視聴する

注意
本記事はネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

【オーマイボス】1話のネタバレあらすじは?

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

まずは『オーマイボス』をストーリーをざっと掴んでもらうために、1話の大まかなあらすじをご紹介します。

あらすじ

 東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけ、地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未 (上白石萌音) 。安定志向の奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることに。面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから潤之介 (玉森裕太) と知り合う。あるアクシデントに見舞われるが、潤之介との運命的な出会いによって、なんとか面接を乗り切った奈未は、無事採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

 初出社当日、社内で迷子になってしまった奈未は、通りかかった宇賀神慎一 (ユースケ・サンタマリア) に助けてもらい、無事に編集部に辿り着く。そこでは編集部の面々が慌ただしく荷物を移動しており、何も分からないまま立ち尽くす奈未は、やって来た上司の半田進 (なだぎ武) から急いで青山へ行くように命じられる。

 指定されたレストランに着くや否や、ある女性から大量の荷物を持つよう言われる奈未。やっとの思いで編集部に戻ると、そこには中沢涼太 (間宮祥太朗) や和泉遥 (久保田紗友) 、和田和美 (秋山ゆずき) 、加賀栞 (太田夢莉) をはじめとした編集部のメンバーが勢揃いしており、その中心には先ほどの女性・宝来麗子 (菜々緒) の姿も。奈未は、麗子が新たに創刊したファッションモード誌「MIYAVI」の編集長であることを聞かされるのだった。

 そして、事態が飲み込めない奈未に与えられたのは、その超ストイックな編集長の雑用係という仕事で…。

引用:「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」あらすじ

シネマちゃん

菜々緒さんがストイックな編集長って聞いただけで、怖い姿が思い浮かぶね!奈未が大丈夫か心配だー!
いやーほんと配役がぴったりだよね!ここからどう話が展開していくのか楽しみだよ!

コムくん

\2週間無料でお試し/ 

今すぐParavi【公式】で無料視聴する

 

【オーマイボス】1話のネタバレあらすじ詳細

大まかなあらすじが分かったところで、次はさらに詳しく1話のネタバレあらすじをご紹介します。

 

田舎町から東京へ

オー!マイ・ボス!恋は別冊で

地方の田舎町の本屋の娘として生まれた主人公・鈴木奈未(上白石萌音)

小説家になる夢を捨てきれなかった父に苦労してきた奈未の母の口癖は「普通が1番。安定した仕事の普通の人を見つけて早く結婚しなさい」だった。

幼少期からその母の姿を見て育った奈未も「仕事も恋愛もほどほどに。人並みで普通の幸せを手にしたい」と安定志向を持つようになっていた。

そんな奈未も田舎を出て、片想いで幼馴染みの日置健也(犬飼貴丈)を追いかけて、健也が暮らす東京で就職しようと上京を決意する。

奈未は大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の面接を受けるため東京に来たものの、初めての都会で右も左も分からない様子。

空港に着くとすぐに健也に電話をし、空港から会社までの乗り換え案内をしてもらい、そんなので東京で暮らしていけるのかと健也に心配される奈未。

「困ったら健ちゃんに電話するから大丈夫~」と陽気に答える奈未の表情から、健也がいる東京にやって来れたことが嬉しさが伝わってくる。

奈未は自販機で飲み物を買おうとした際に、うっかり小銭を落としてしまう。

転がった小銭は長身の美女の靴に当たって止まり、拾ってくれるかと思いきやチラッと奈未の方を見て、何事もなかったかのように立ち去ってしまった。

それを見て、東京の冷たさを痛感する奈未なのだった。

シネマちゃん

奈未の気持ち分かるなー!贅沢な生活には憧れるけど普通が1番って思っちゃうもん!
そして美女こわー!

 

潤之介との出会い・雑誌編集部への配属

オーマイボス

音羽堂出版の備品管理部の面接を受けにきた奈未だったが、予想以上に早く着いてしまい、近くで時間を潰すことに。

ベンチに座ろうとしたその時、近くにいたカメラマンの男性・潤之介(玉森裕太)に突然抱きかかえられて驚く奈未。

奈未は何が起こったのか分からず、潤之介を突き飛ばしてベンチに座ってしまう。

しかし、そのベンチは実はペンキが塗りたてで、潤之介は奈未を助けてくれようとしてくれていたのだった。

奈未が面接用のスーツが汚れてしまい大慌て。

近くに良い服屋さんがあるからと潤之介に教えてもらい、2人はその服屋さんに向かうことに。

高級感のある店舗の雰囲気に戸惑い、洋服の専門用語を何ひとつ分からないながらも、潤之介の助けを借りて、無事に面接用の洋服(高級感のある)を用意できた奈未。

洋服代を支払ってくれようとする潤之介に、奈未は感謝の気持ちから自分で支払うことを伝えるのだが、予想していた金額よりも0が1つ多い会計に開いた口が塞がらない。

その後、面接は無事に終わったのだが、備品管理部のお眼鏡にかなわず、奈未は不採用となってしまう。

そんな落ち込む奈未のもとに、音羽堂出版から一本の電話が。

面接会場でセンスのある洋服を着ていた奈未を偶然、雑誌編集部の副編集長・半田進(なだぎ武)が見かけ、事務として採用したのだった。

備品管理部ではなかったが、同じ音羽堂出版の雑誌編集部の事務で働けることが決まった奈未。

ついに、健也が暮らす東京で働ける日がきたことに大喜びの奈未なのだったのだが…。

シネマちゃん

これは間違いなく胸キュンシーンだね♡私も玉森くんにギュッと…何でもないです。取り乱しました。

 

麗子の雑用として奔走する日々

仕事初日、雑誌編集部のメンバーに元気良く挨拶をする奈未だったが、全員がバタバタしていて誰もその話を聞いておらず、邪魔者扱いされてしまう。

何を分からず立ち尽くす奈未のもとに半田が現れ、突然今から青山のレストランに行くようにと命じられる。

訳も分からないまま目的地に着くと、そこにいたのは空港で見た美女だった。

ほとんど会話をせず、ただ荷物を持たされて、ヘトヘトになりながらオフィスに帰ってきた奈未はその美女の正体を知る。

その美女は今回新たに立ち上げることになったファッション誌「MIYAVI」の新編集長に就任した、カリスマと呼ばれている宝来麗子(菜々緒)だった。

そして、奈未の仕事は雑誌編集部の事務ではなく、麗子の付き人という名の雑用係だったのだ。

麗子は人並みの生活を夢見る安定志向の奈未とはまるで真逆の、上昇志向全開のバリキャリでストイックな性格。

そんな2人が上手くいくはずもなく、こうして奈未の怒涛の日々が始まるのだった。

シネマちゃん

文字で見ただけでもヤバそうな上司だね!そしてその役に菜々緒さんがピッタリなのが目に浮かぶ!(褒め言葉です)

 

仕事も恋も上手くいかずズタボロの奈未

毒舌で冷酷な麗子に、召使いのようにこき使われる毎日に嫌気がさしていた奈未。

入りたかった備品管理部の横を通るとほのぼのした雰囲気が垣間見え、自身の現状と比べ、羨ましさを感じてしまうのだった。

そんな中、健也から週末に自身の誕生日会を開く予定で、奈未のことをみんなに紹介したいからと招待され、仕事を忘れて大喜びの奈未。

道で小躍りをしながら浮かれていると、雑誌編集部の同僚の和泉遥(久保田紗友)が偶然通りかかり、飲みにいくことに。

奈未は和泉に仕事内容や麗子に対する愚痴をこぼしながら、普通の仕事して安定に暮らしたい旨を伝える。

すると、夢のために努力を惜しまず、今の仕事に誇りを持って働く和泉から「もっと楽な仕事が他にあるんじゃない?目標持ってないとこの仕事は務まらない」と諭され、ハッとする奈未なのだった。

シネマちゃん

どっちが正解とかはないけど、頑張ってる人を見たら自分と比べてしまう気持ち分かるなー。

 

週末、奈未は健也の誕生日会にウキウキで行くと、なんとそこで健也に婚約者の女性を紹介されてしまう。

健也にとって奈未はただの幼馴染みで、奈未の健也への想いは片想いだったのだ。

奈未はショックを隠し切れず、仕事が残っていると嘘をつき、その場から立ち去るのだった。

そんな時にタイミング悪く、麗子から緊急でタクシーを手配をするようにと連絡が入る。

しかしその指示を無視し、麗子に「雑誌を作るための雑用ならするが、荷物持ちやデートの着る服を取りに行ったり、こんなの仕事じゃない!」と不満をぶつける奈未。

「人並みでいいから普通の仕事がしたい。」という奈未に、麗子は「”人並みでいい”は平均以上の能力やステータスがある人が使える言葉。雑用すらまともにできないあなたにはおこがましい。」と返す。

それを聞き、もう辞めますという奈未に対し、麗子は「何の信念もない。衝動もない。人並みの根気すらない。」と言い残し立ち去っていく。

その言葉に納得してしまったのか、何も言い返せず、自分への悔しさからか涙を流す奈未なのだった。

シネマちゃん

こんな出来事が続いたらそりゃあ泣いちゃうよ…。誰か奈未を癒してあげてー!

 

仕事の楽しさ・新たな恋の予感

奈未は仕事も恋もズタボロで、ベンチに座り健也に渡せなかった誕生日ケーキを物憂げに眺めていた。

すると、そこに潤之介が現れる。

仕事を辞めることを伝え、甘党だという潤之介と一緒にケーキを食べる奈未。

奈未は落ち込んでいた気持ちが少し気が楽になり帰ろうとすると、潤之介にバイクの後部座席に誘われる。

2人乗りでバイクを走らせ、気が付くとかなり遠くの海まで来ていた。

奈未は浜辺で、健也との出来事、仕事の現状、夢ややりたいことがない自分に対する悩みを潤之介に打ち明ける。

自分のことのように親身になって話を聞いてくれる潤之介に、奈未は元気づけられるのだった。

シネマちゃん

王道的な展開なんだけど、やっぱり落ち込んだ時に支えてくれる人って惚れちゃうよね♡

 

その時、奈未のもとに和泉から、取り返しのつかない重大なミスを犯してしまい、このままいけば辞めさせられるかもしれないと連絡が入る。

和泉は麗子から頼まれていた雑誌の表紙の撮影で使う予定だったバラを、モデルやデザイナーに渡す用だと勘違いしてしまい、発注し忘れていたのだった。

潤之介に急いでオフィスに戻れるようお願いをする奈未。

仕事を辞めると言っていたにもかかわらず、同僚のために街中を奔走し、急いでオフィスに戻ろうとする奈未の姿に、潤之介は笑みを浮かべるのだった。

奈未はオフィスに戻り、海からの帰り道で見たバラ園でのロケ撮影を提案。

そのアイデアの甲斐あって、撮影まで何とかあと一歩のところまで漕ぎ着けたが、バラ園の権利者からの許可が下りず、奈未と上司の中沢涼太(間宮祥太朗)は立ち尽くす。

するとなんとそこに、権利者に直接懇願するため、麗子が土下座をしに現れたのだった。

今までの麗子の行動からは想像もできない出来事に、奈未は驚きを隠せない。

奈未はその土下座姿や、麗子の働きによって現場に集められた錚々たる撮影関係者を見て、麗子の今までの行動は全てこの仕事のためだったのだと思い知らされる。

撮影が無事に成功し、新雑誌「MIYAVI」の表紙が完成。

完成した「MIYAVI」の表紙を見て、この雑誌が店頭に並ぶ姿を見たいと、仕事のやりがいのようなものを見い出す奈未なのだった。

後日、お礼を言うために潤之介に会いにいく奈未。

そこで、奈未は潤之介に突然、「俺の彼女になってくれないか?」と告げられるのだが…。

シネマちゃん

えー!どうなっちゃうのー?気になるー!今すぐ見なきゃ!

\2週間無料でお試し/ 

今すぐParavi【公式】で無料視聴する

 

【オーマイボス】1話のみんながキュン死したシーンまとめ

1話の放送開始直後から、SNS上でキュン死した人が続出したと話題になっている『オーマイボス』。

最後は1話でみんながキュン死したシーンを3つご紹介します。

 

キュン死シーン①「潤之介がペンキが塗られたベンチに座りそうになった奈未を助けるシーン」

1話の1つ目のキュン死シーンは「潤之介がペンキが塗られたベンチに座りそうになった奈未を助けるシーン」です。

潤之介の登場シーンでもあるこのシーンに悶絶した人がかなり多かったです。

ペンキが塗られたベンチに座りそうになった奈未を、咄嗟の判断で抱きかかえて助ける潤之介の優しさに惚れ惚れしちゃいます。

そしてその時の顔がまた近いこと!

この先もこういうキュン死シーンがあると思うと目が離せませんね!

シネマちゃん

こういうシーンって助けてくれるんだろうなって分かっててもドキドキしちゃうんだよねー♡

 

キュン死シーン②「バイクに2人乗りした時に、潤之介が奈未の手を腰にギュッと回させたシーン」

1話の2つ目のキュン死シーンは「バイクに2人乗りした時に、潤之介が奈未の手を腰にギュッと回させたシーン」です。

まだ潤之介との距離感が掴めないでいる奈未は、バイクの2人乗りに誘われた際に、後部座席で潤之介の服を遠慮がちに掴み乗っていました。

そんな奈未の手を腰に自然にギュッと回させた潤之介の男らしい仕草に、王道的な展開ながらもキュンとしてしまいます!

驚きながらもドキッとする奈未の表情から、潤之介に対する気持ちが変化したことが分かるシーンです。

シネマちゃん

バイクの2人乗りってこういうのがあるから憧れるんだよー♡

 

キュン死シーン③「潤之介が奈未に彼女になってほしいと告げるシーン」

1話の最後のキュン死シーンは「潤之介が奈未に彼女になってほしいと告げるシーン」です。

1話の最大の見せ場ですね!

結果的には彼女の「フリ」でしたが、潤之介から突然彼女になってほしいと告げられた奈未は慌てふためいていました。

自分に優しく接してくれるイケメンから、急に告白なんてされたらそりゃあキュン死してしまいますよね!

「フリ」から始まるパターンはよくありますが、ここから奈未と潤之介の関係がどう発展していくのかが楽しみです!

シネマちゃん

「フリ」から始まる恋ってベタなんだけど、そこから徐々に好きになっていくっていう流れが何度見ても好き♡

 

キュン死シーン番外編

潤之介に関する声が圧倒的でしたが、中にはカリスマ編集長の宝来麗子を演じる菜々緒さんや、クールでドライな上司・中沢涼太を演じる間宮祥太朗さんにキュン死した人もいました。

間宮さんに至っては同性の男性からのキュン死という、男女問わず大きな反響があったようですね。

潤之介だけでなく、他の魅力的なキャスト陣の今後の活躍にも目が離せません!

その男性の気持ちもの凄く分かるなー!
間宮さんって男らしくって、男性から見てもかっこよくて魅力的なんだよねー!

コムくん

\今すぐ1話から無料視聴/ 

今すぐParavi【公式】で無料視聴する

 

【オーマイボス】1話を無料で見るならParaviがおすすめ

paravi

今回は『オーマイボス』の1話のネタバレあらすじをご紹介しました。

『オーマイボス』の1話を無料で見るなら、Paraviがおすすめです!

シネマちゃん

1話のネタバレあらすじを見て、より一層『オーマイボス』を見たくなっちゃったー!楽しみー♪
Paraviは『オーマイボス』以外にも人気ドラマ・映画・アニメがたくさん配信されてるから、思う存分楽しんじゃおう!

コムくん

 

『オーマイボス』を見逃してしまった人はParaviに登録すれば、見逃し配信動画を1話から全話無料で視聴できますよ。

また、Paraviには2週間の無料トライアル期間があるので、サービスをじっくりとお試しできますよ。

無料トライアル期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

まずは登録して、サービスの良し悪しを確かめてみましょう!

\2週間無料でお試し/ 

今すぐParavi【公式】で無料視聴する