dTVの月額は超低価格500円!コスパ最強のサービス内容をご案内

dTV月額

dTVに登録しようか迷っている…月額っていくらなんだろう…

dTVの月額利用料金は500円(税抜)です。

この月額料金は人気VODサービスと比較をしても超低価格な料金になっています。

そして、激安の月額料金なのにサービス内容も充実しているというのが魅力的です。

ただし、低価格だからと言って全ての方にdTVのサービスがあっているかと言えば、そうではありません。

VODサービスを選ぶときに、月額料金だけで利用するサービスを決めるのはナンセンスです。実はdTVの月額が安い理由もあります。

そこで今回はdTVの月額をはじめ、dTVのサービス内容をご紹介しますので最後までご覧ください。

1:dTVの月額500円はコスパ◎

dTV月額

dTVの月額利用料金は500円と、人気VODサービスと比較をしても超低価格です。

dTV500円
hulu933円
U-NEXT1,900円
Netflix850円〜1,800円
amazonプライムビデオ400円
FOD888円

上の表は全て税抜料金なので、dTVの実質料金は540円です。

比較表を見てわかる通り人気VODサービスと比較をしてもdTVが低価格な月額料金であることがわかりますね。

そこでまずはdTVの月額料金を支払うことで利用できるサービスについてご紹介ていきましょう。

1-1:12万作品見放題

dTVで視聴できる動画コンテンツは12万作品以上と豊富なラインナップが魅力的です。

幅広い作品ジャンルはdTVのメリットで、お探しの作品がきっと見つかります。

1-2:docomoユーザー以外も利用可能

docomoが運営するdTVですが、docomoユーザー以外もdアカウントを作成することで利用することができます。

dTVはdocomo回線を契約している方のみが利用できるというイメージが強く、知らない方も多くいたのではないでしょか?

1-3:31日間の無料体験あり

dTVには初回登録から31日間無料の体験期間が設けられています。

dTVの登録に迷っている方、どこのVODサービスにしようかとお悩み中の方には特に嬉しいポイントですよね!

もし、dTVのサービスが自分に合っていないと感じれば期間中の解約もできます。

1-4:漫画も楽しめる

dTVはVODサービスですが、漫画を読むことができます。

電子書籍化されている漫画なので、スマホがあればどこでも漫画を楽しむことが可能です。

映画やドラマが視聴できるだけでなく漫画が読めるということでdTVは飽きずに利用し続けられます。

2:激安月額には4つの理由が…

1章ではdTVの月額が低価格でとてもいいサービスであることをお伝えしました。

しかし、この月額料金には低価格な理由もあるのです。

これがdTVのデメリットとなり、この部分を嫌う方もいるかもしれません。そこでこの章では次の4つのデメリットについて詳しく紹介します。

  • 画質がSD画質
  • 同時視聴ができない
  • 人気作品がほとんど有料コンテンツ
  • ゲーム機にdTVは対応していない

2-1:画質がSD画質

dTVで配信されている映像コンテンツの画質は全て“SD画質”です。

SD画質は映像が汚いということは無いですが、スマホのような画面が小さい端末で視聴する人向きになります。

SD画質480p
HD画質720p
Full HD1,080p
4K2,160p

dTVをテレビのような大画面に繋いで視聴しようとお考えの方には正直dTVはおすすめできません。

今ではU-NEXTやNetflixなどのVODサービスでは4K対応作品が続々と配信開始されています。

テレビにVODサービスを楽しみたい方は月額料金で選ばず、高画質視聴ができるサービスを選ぶことが正しい選択です。

2-2:同時視聴ができない

dTVは最大4台までのデバイス登録ができますが、同時視聴をすることができません。

つまり、dTVにデバイス登録をしているどれか1台で作品を視聴している時に他のデバイスでdTVを利用することができないということです。

家族みんなでVODサービスを利用したいというような、複数人での利用をお考えの方にdTVは向いていないということになります。

2-3:人気作品がほとんど有料コンテンツ

dTVには「12万作品以上が見放題」という謳い文句がありますが、実は人気作品のほとんどは有料コンテンツとなっています。

12万作品以上の作品数というのは、漫画コンテンツやカラオケなどの作品数も入れた数字のようです。

最新作や人気作品などは基本的に有料コンテンツで、月額料金とは別に料金が発生します。

2-4:ゲーム機にdTVは対応していない

dTVをテレビに繋いで視聴する場合、PS3やPS4などのゲーム機では利用することができません。

ゲーム機はほとんどのVODサービスが対応できるので、当たり前にdTVもゲーム機で繋ぐことができると思っていた方は気をつけましょう。

もしdTVをテレビに接続し楽しみたい方は下記記事をご覧ください↓

6つから選ぶだけ!VODをテレビに繋いで簡単ホームシアターを作成

3:アニメ好き必見!dアニメストアも400円で利用可能に

dTV月額

dTVとは別料金にはなりますが、「dアニメストア」というサービスがあります。

dアニメストアはアニメ専門のVODサービスです。dTVの月額料金が低価格な分、dアニメストアも一緒に登録してみてはいかがでしょうか?

dアニメストアの月額料金も400円と低価格で契約ができます。

3-1:充実の2,600作品が見放題

dアニメストアで視聴できるアニメは2,600作品以上と、メジャーなアニメからマニアックなアニメまで数多く配信されています。

実は、dアニメストアはアニメ好きの方にとても人気のサービスで、アニメのジャンルに関してはVODサービスの中でトップクラスです。

dTVと同時利用でも900円の月額料金はコスパの良さを感じますね!

4:dTVの月額が発生するタイミングは重要ポイント

dTVへ登録する場合、月額が発生するタイミングは押さえておくべき重要ポイントです。

そこでこの章では次の2つの重要ポイントをお伝えしておきます。

  • 無料体験期間後の月額料金が発生するタイミング
  • dTVの月額を無駄にしない解約するタイミング

知っておくだけでちょっとだけ得する知識です!

4-1:無料体験終了翌日から月額料金が発生

dTVの無料体験は31日間であるとお伝えしました。

この31日目の翌日からdTVは月額が発生します。無料体験登録をする際に、クレジットカードなどの決済方法を登録するのでその登録した決済方法へ請求がきます。

dTVが無料体験期間中に自分に合っていないと感じた方は、31日以内に解約手続きをしておきましょう。

1日でも過ぎてしまえば月額料金を支払うことになります。

dTVの解約については下記記事をご覧ください↓

今すぐdTVを解約したい!手順と注意点、おすすめVOD5つを紹介

4-2:dTVの月額に日割り返金制度はない

dTVの月額料金には日割り返金制度はありません。

例えば、 1日にdTVへ登録をしている場合、15日に解約をしても31日に解約をしても同じ500円の月額料金が発生することになります。

つまり、dTVの月額料金を損しないように解約をするには、31日目の解約が得です。

まとめ

dTVの月額料金について解説をしてきました。

dTVのサービス内容とデメリットをみてどう感じたでしょうか?

個人的には、500円の低価格なサービスにしては充実したVODサービスであると感じます。

私もdTVを登録して利用していますが、スマホで利用する場合は画質はそこまで気になりません。

月額料金で選ぶなら間違いなくNo.1のVODサービスでしょう。

お伝えしている通り、dTVには31日間の無料体験期間があります。試しに体験してみようと思っている方は下記記事で登録方法についてご紹介していますのでぜひご覧ください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA