アニメ『呪術廻戦』第2話のあらすじと感想|1000年に一度の逸材!?

週刊少年ジャンプで大人気連載中のダーク・ファンタジー漫画『呪術廻戦』。

第1話では主人公虎杖が先輩を化け物から救うため、特級呪物である両面宿儺に乗っ取られてしまいました。

そのあと、虎杖はどうなっていくのか!

今回はそんな呪術廻戦のアニメ第2話の感想とあらすじをネタバレ控えめでご紹介していきます。

シネマちゃん

1話目の評価はどうだったのかしら?

OPや映像のクオリティー、さらにバトルの迫力に皆んな高評価だったんだよ!

コムくん

\今すぐこのアニメを無料で見たい/ 

U-NEXTを無料体験する【公式】

アニメ『呪術廻戦』の第2話をU-NEXTで楽しもう!

今回はアニメ『呪術廻戦』第2話のあらすじとみんなの感想をご紹介します! 

アニメ『呪術廻戦』第2話までのあらすじ

アニメ『呪術廻戦』第2話までのあらすじはこちらです。

アニメ『呪術廻戦』第1話のあらすじと感想|虎杖悠仁の超人的な運動能力!

アニメ『呪術廻戦』第2話のあらすじ

引用元:TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

ではアニメ『呪術廻戦』第2話のあらすじをネタバレ少なめ で紹介していきます!

呪いを体に取り込んでしまった虎杖の運命や如何に!

五条悟という男

引用元:TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

学校に現れた化け物に捉えられた虎杖。

呪いを撃退するためには呪いをもって払うしか無いという事実を聞き、虎杖は咄嗟に特級呪物である両面宿儺(りょうめんすくな)の指を飲み込んだ。

両面宿儺に体を乗っ取られたことで、とてつもないパワーを得た虎杖は化け物を瞬殺!

めでたしめでたしと思いきや、伏黒は両面宿儺に乗っ取られた虎杖に対し「お前を払う」と言い放ちました。今まさに虎杖と伏黒のバトルが始まろうとしたところに1人の男が現れます。

男の名前は五条悟呪術専門学校の教師で伏黒の先生に当たる人物でした。

五条は両面宿儺に体を乗っ取られているのに平然としている虎杖の姿を見て、1度宿儺を呼び起こし、10秒後また戻ってこいと促します。

虎杖はそれに応じると虎杖の中の宿儺が呼び起こされ五条に襲いかかりました。しかし強大なパワーを持つ宿儺に対して、五条は素早い動きで何もさせず10秒間いなし続けました。

このシーンだけで五条が只者ではないことがわかりますよ。10秒後虎杖の意識が戻ってきました。

そこで五条は虎杖が両面宿儺のパワーを体内でコントロールできていることを確認し、これは奇跡だと述べました。

死刑宣告?

引用元:TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

五条が虎杖の額に指をかざすと虎杖は気を失います。

そこで五条と伏黒の間で今後の虎杖について衝撃的な会話が行われます。なんと呪術規定によれば虎杖は死刑になってしまうというのです。

しかし、伏黒は虎杖を殺したくはないようです。伏黒はなんとかして欲しいと五条に懇願 します。

五条はかわいい生徒の頼みに「任せなさい!」と頼もしい言葉を返します。虎杖が目を覚ますと五条と2人きりで不気味な小部屋にいました。

そこで虎杖はなんと五条から軽いノリで死刑を宣告されてしまいます!頼もしいことを言っておいて簡単に覆す五条にツッコみたくなるギャグシーンでした!

しかし、実際は虎杖を執行猶予という扱いとしてくれたようです。ここで虎杖は五条から今後の身の振り方について決断を迫られます。

選択肢は2つ。

ひとつめはこの世にある両面宿儺の呪いを体にすべて取り込んでから死ぬこと。

これは取り憑いた呪いをコントロールできる稀有な存在の虎杖であれば、取り込めるだけの呪いを全て取り込んだうえで死刑を執行することで、一度で一気に呪いを消滅させることができるからです。

ふたつめはこのまま死ぬ。

虎杖は自分が両面宿儺の呪いを体にすべて取り込むことで、呪いによる被害が少なくなるという事実に突き動かされ、2本目の両面宿儺の指を胃の中に放り込みました。

五条は興味津々でその様子を見ながら、もしものことを考え戦闘準備に入ります。しかし虎杖はまたも宿儺に自我を乗っ取られることはありませんでした。

五条はそれを見て1000年に一度の逸材だと言って嬉しそうな顔を作ります。

虎杖はこの世にある両面宿儺の呪いを体にすべて取り込むことを選んだようです。

熾烈な面談

引用元:TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

これによって虎杖は呪術師としての道を歩むこととなります。

そのため虎杖は伏黒が在籍し、五条が教師を務める呪術高等専門学校へ入学 することとなったのです。

しかしこの学校は誰でも入学できるわけではなく、学長の面談をクリアしなければなりません。学長が気に入らなければ入学不可となり呪術師にはなれなくなってしまいます。

つまりその時点で死刑が確定してしまうため、命をかけた面談となりました。

学校へ到着するとぬいぐるみに囲まれ座っている強面の男が姿を表します。この男こそが呪術専門学校の学長の夜蛾正道(やがまさみち)です。

「何しにきた。」という学長の質問から熾烈な面談がスタートします。学長からの厳しい質問や返答に虎杖がなんとか食らいつく展開が続きます。

必死に質問に答え続ける虎杖ですが、学長は否定的な言葉を発したり、さらに厳しい質問を投げかけるなど、虎杖は学長が納得する返答ができません。

祖父の遺言に大きく影響を受けていると答えると、他人の意見で呪術師になろうとしているなら不合格 だと言われてしまいます。

さらに学長はぬいぐるみを操り虎杖を攻撃!納得のいく答えが聞けるまで攻撃はやめない様子です。

恐るべきスパルタですね。

攻撃を受けながら必死に想いを伝える虎杖。果たして虎杖の思いは学長に届くのでしょうか。

アニメ『呪術廻戦』第2話のみんなの感想

アニメ『呪術廻戦』第2話の皆さんの感想をまとめてみました!

呪術師の道を歩むこととなった虎杖。ストーリーか急速に展開していくこの第2話に皆さんも大興奮なようですよ。

 

 

 

アニメ『呪術廻戦』第2話を見た人からは、
キャラクターが魅力的 」という声が非常に多かったです。

シネマちゃん

登場キャラみんなカッコいいシーンとギャグパートのギャップが素敵ね

アニメ『呪術廻戦』第2話で覚えておきたい語句

引用元:U-NEXT

アニメ『呪術廻戦』の第2話は作中に「呪術師」「宿儺」「呪術高等専門学校」などの用語がでてきます。

ここではぜひ覚えておきたい語句を紹介します!

呪術師

呪いの力を扱い、呪霊を退治することができる人物、及び職業。

現実世界の解釈だと霊媒師、除霊師などの類になり、呪術高専でその能力を学び得ることができる。

実力によって7つの階級に分けられていて、今回の第2話に登場する五条や伏黒のような能力を持つ人のことです。

宿儺

両面宿儺の略称。

作中で虎杖に取り憑いている「呪いの王」と呼ばれる特級呪物。

虎杖の体内で、宿儺が主導権を握ると全身に奇妙なタトゥーのような模様が浮かび上がる。主導権を握っていない時でも、口が浮かび上がり勝手に喋り出すことがある。

1000年前に数多くの呪術師が戦ったがことごとく敗れ、封印に至ることができなかった。

呪術高等専門学校

正式名称は東京都立呪術高等専門学校。

作中では主に呪術高専という略称で呼ばれることが多い。呪術師になるために呪術を学ぶことができる専門学校で、第2話に登場する五条は当校の教師で、伏黒は生徒である。

卒業した呪術師もここをベースとしている場合が多い。姉妹校として京都校が存在し、呪術を学べる専門学校はこの2校しかない。

難しそうな言葉もあるけど、作中でわかりやすく説明されているよ!

コムくん

アニメ『呪術廻戦』第2話は漫画で何巻?

引用元:U-NEXT

今回紹介したアニメ第2話はコミックス第1巻の2〜3話のストーリーが収録されています。

漫画もアニメに負けないくらい面白いので是非コミックスも読んでみてください!

\今すぐ2話を無料視聴/

U-NEXTを無料体験する【公式】

アニメ『呪術廻戦』を無料で見るならU-NEXT

今回はアニメ『呪術廻戦』第2話のあらすじとみんなの感想をご紹介しました。

シネマちゃん

虎杖は無事呪術高専に入ることができるのかしら
 

ハラハラする展開だね!ぜひアニメ第2話をみて確認してみよう!

コムくん

虎杖が呪術師として歩み始める最初の一歩を描いている第2話。

ネタバレ少なめでご紹介しているので、続きが気になる方は是非『呪術廻戦』第2話をご覧になってみてください!

アニメ『呪術廻戦』の第2話を見るならU-NEXTがおすすめです

\31日間無料でお試し/

U-NEXTを無料体験する【公式】

アニメ『呪術廻戦』第3話のあらすじはこちら⇩

アニメ『呪術廻戦』第3話のあらすじと感想|虎杖の初めてのミッション!